業界を問わないゴーストライター

ゴーストライターの中には、公然として認知されている場合もあります。そのため、よく知られているライターの例をご紹介します。

業界では有名な「福山雅治」

ゴーストライターを利用しているアーティストとして有名な人が「福山雅治」氏です。福山雅治氏は代筆者を利用していることで業界でも有名となっています。一説によると『初恋』や『桜坂』といった作詞が代筆されているという噂が立っています。ただし、音楽業界では福山雅治氏以外にも、「浜崎あゆみ」氏も使っているという声が聞かれます。

エイベックスを支える「浜崎あゆみ」

エイベックスを支えているアーティスト「浜崎あゆみ」氏も代筆をしているという噂が立っています。特に浜崎あゆみ氏の場合は100人単位で存在するということをスタッフが言っているようです。逆に言ったら、毎月新曲をリリースすることが出来るのは、代筆のおかげと言うこともでき、浜崎あゆみ氏を支えているのはこうした影の人の働きによるものなのです。

ビジネス書の9割が実は…

ビジネス書では9割の本でゴーストライターが執筆されているということがささやかれています。これはビジネス書の著者は企業の社長などで、執筆している時間などがないためです。そのため、ビジネス書のほとんどがフリーライターや編集者、また社長などの側近の人が書いているのです。もちろん、ビジネス書の中には本人が執筆しているものもありますが、大体は代筆されているという事実は知っておいた方がいいことでしょう。
このようにゴーストライターが活躍している業界は問われないようになっています。また、プロスポーツ選手が書いた自伝や脚本にも代筆されていることがあります。そのため、ここで挙げた人たちは本当に一握りの人なのです。