本当の代筆者が実はゴーストの役割だった

ゴーストライターと言う言葉は「代筆者」という意味ですが、一般的には悪いイメージで先行しているようです。そのため、ゴーストライターの役割について見ていきます。

あいまいな存在であるゴーストライター

ゴーストライターには正式な定義がなく、あいまいな存在として扱われています。分かりやすい意味では「代筆者」として扱われていますが、その存在自体は表ざたとならないため不明なところが多くあります。そのため、仕事として求人されていることはめったにありません。ただし、業界内では知人の紹介でゴーストライターの案件を請け負ったりすることがあるため、存在がないわけではないです。ですが、不明なことが多いのがこの代筆者と言う仕事のようです。

世に作品を生み出すのが役割

ゴーストライターの役割は本人に代わって作品を生み出すことが目的となっています。そのため、例えば出版業界では小説を書いたり、ビジネス書を執筆したりしています。このほか、音楽業界では作詞の提供をしたりすることが役割となっています。特に忙しい人が本を書いたりする時間を取れないため代筆を頼んでいるケースが多く、こうした忙しい人ほど多くの代筆者を抱えている場合が多いようです。

ゴーストライターは必要枠である

ゴーストライターは作品を生み出したい人からしたら、必要枠となってしまっています。しかしながら、消費者からしたら本人が作っていないのであるから「騙されている」、「不利益を被っている」と感じても仕方ありません。しかしながら、作品が生み出されなかったら消費者もその利益を享受することが出来ないため、必要枠として扱われているようです。ただし、佐村河内守氏の事件以来、消費者の目が厳しくなっているため、消費者が不利益にならないような対策が必要となっています。