ゴーストライターは決していなくならない

実はゴーストライターは様々な業界で活躍しており、佐村河内守氏の事件以来その活躍が危ぶまれています。そこで、今後のゴーストライター事情について踏み込んでみます。

事件後の各業界の反応

ゴーストライターの事件以来、出版業界や音楽業界では様々な見解が出ています。例えば、出版業界では「ゴーストライターの存在を認める」発言をしている場合もあります。このように、ゴーストライターの存在を認めていき、その対応をするようにしていこうとしています。

いなくなったら不便なのか

仮にゴーストライターが完全に撤廃されたら、様々な作品が世に生み出されなくなってしまうことでしょう。これは消費者にとって必ずしも良いことではなく、様々な業界が停滞していくことに繋がります。もちろん、ゴーストライターを認めることは許されませんが、ゴーストライターが書いている旨は明らかにしていくことが大切です。

消費者の不利益にならないことが最優先

ゴーストライターを利用していくのであれば、消費者に不利益にならないことが最優先事項です。業界ごとには様々な事情があるため、代筆と言う仕事は必要になるでしょう。しかし、その代筆がどういった事情で代筆されているかを明確にする必要があります。そして、この理由に消費者が納得いかないときには、その作品はまた事件となってしまうことでしょう。
現状として、ゴーストライターがいなくなる可能性はなさそうです。ただし、代筆をしていくのであれば、代筆している旨を明らかにしていくように業界は努めていく必要がありそうです。こうしたことで、佐村河内守氏のような事件を防ぐことが出来そうです。