こんなところでもゴーストライターは利用されていた!

最近ではタレントなどの有名人も自伝などを執筆していますが、こうした作品の中にはゴーストライターが書いている場合もあります。

そのため、皆さんが知らないゴーストライターの作品をご紹介します。

元ライブドア社長「堀江貴文」の『拝金』『成金』

有名人の著書の中で代筆としてよく知られている者に、元ライブドア社長「堀江貴文」の『拝金』、『成金』があります。これらの著書は、佐藤秀峰氏が実は書いていたことが分かっています。ただし、これらの作品は堀江氏の指示書のもとに作成されていったものであり、すべてが架空と言うことではなく内容などは堀江氏の話をもとに作られています。

プロスポーツ選手も使っている

プロスポーツ選手の自伝なども代筆で書かれていることがあります。有名なものに長嶋茂雄氏の『燃えた、打った、走った!』があり、これは新宮正春氏の聞き書きとして知られています。また、他にも長嶋一茂氏の『三流』は石川拓治詞によって執筆されています。このように、プロスポーツ選手の著書も代筆で書かれていることがあります。

「鳥山明」もゴーストライターを使っている?

都市伝説として、漫画家の鳥山明氏も代筆を利用しているという噂が立っています。ただし、これはあくまで噂であり、ドラゴンボールなどの有名な作品もゴーストライターが執筆しているのではないかと疑惑が立っています。ただし、これは噂であり都市伝説の一つとして扱われています。

タレントが書いた本はライターが書いている

このようにタレントや有名人が書いた本は、本当は代筆で書かれている場合もあります。例えばビッグダディなども代筆していたとされ、タレントが上手に文章を書いているときには代筆がいることがあるようです。