様々な業界のウラにも出没しているライターたち

文章や詞などをサービスとして提供しているものには、ゴーストライターはつきものだといいます。そのため、どのようなライターがいるのかを見ていくこととします。

出版業界では著者として代筆

出版業界ではフリーライターや編集者が著者の代わりとして代筆していることがあります。これは昔から恒常的に行われていることで、ライターなどが著者に対してインタビューなどをして、その話を本に書き起こすという形をとっています。そのため、内容自体は著者の経験談などが書かれているため、そこに嘘はない場合が多くなっています。ただし、口頭でのインタビューだけでは内容が少ない時には、ライターが調査を繰り返して肉付けしている場合もあります。

放送業界では脚本家として活躍

放送業界では脚本家としてゴーストライターが執筆していることがあります。特に、脚本家からしたら若手の脚本家を育てるために自分名義の脚本を書かせている場合があります。また、番組のシナリオ作成でも別の脚本家が執筆していることもあります。こうしたことから、放送業界でも代筆している場合があります。

音楽業界では作詞提供者として

音楽業界では作詞を提供する人として代筆していることがあります。こうした代筆者は1人であることもありますし、何十人といる場合もあります。こうした理由は、いくつもの詞の中から世に送り出すべき作品を選定する必要があるからです。そのため、音楽業界にも曲を提供する人として代筆者がいるのです。

どの業界にもゴーストライターは存在している

こうした文字を起こす業界にはゴーストライターはつきものとなっています。そのため、あなたが知っている作品の中にも実は代筆で書かれているものが混じっている可能性は大いにあるのです。